ウィリアム・レーネンさんにお会いしてきました。

お久しぶりの更新になりました!

ManaJewel(マナジュエル)水瀬まみです。


先日、大好きな方にお会いしてきました。

サイキックチャネラーのウィリアム・レーネンさん。


私の愛読書の中にはレーネンさんの本が多くあり、

ふと、迷ったり、不安が出てしまったときに

いつも助けられてもらっています。


レーネンさんのメッセージは、

スピリチュアルなことに興味があってもなくても

生きていく上での考え方、捉え方として

とても勉強になります。


今回はワークショップへ初めての参加。

ワークショップがあるのは知っていましたが、

予定が合わず、あきらめていたのですが

いろいろと運良くことが運び、行ける!となって

前日の夜に申し込みしました。


約5時間ほどのWSでしたが、

とても近くでレーネンさんのエネルギーを感じ、

お話を聞くことができ、ますますファンになりました。


最後の質問コーナーで少しお話をする機会がありました。

私はパワーストーンのブレスレットを作り、お届けしていることを話すと、


『石は1つ1つすべてが違うエネルギーを持っている。

例えばダイヤモンドでも、ネガティブなものとポジティブなものがある。

あなたがパワーストーンでブレスレットを作るとき、

その1つ1つの石たちのエネルギーを感じ、

クライアントさんに必要なブレスレットを作ってあげてください。

あなたにはそれができます。』

そのようなメッセージをくださいました。


私がブレスレットを作るとき、どの石にするかすべてリーディングします。

例えば、アメジストを入れるとなったときも、その数あるアメジストの中から、

クライアント様のもとへ行きたいと訴えているコをお選びしています。

見た目は同じアメジストのビーズですが1つ1つリーディングしていくので

根気とエネルギーのいる作業となります。


あまりに途方もない作業で(笑)、

ふと、この作業は必要なんだろうか?なんて思ったこともありますが

レーネンさんのメッセージに答えはありました。


やっぱり石1つ1つがエネルギーを持つこと。

一人一人にご縁のある石は違うこと。


そして、最後に

『あなたはエネルギーに関して、とても敏感です。

クライアントさんのエネルギーと繋がりすぎてしまうことがある。

そのため、一人の作製が終わったら、毎回必ずエネルギーを切ることを忘れないように。

あなたには、ムーンストーンがプロテクトの役目をしてくれます』と。


そのときに着けていたのは、最近お気に入りのムーンストーンのペンダント。

上の写真にも写ってます。


これがまさに、良くも悪くもエネルギーに敏感な私のお守りとなっていたんですね。

気になって着けるとか、気に入って着けるというのは

やっぱり意味のあることで、

自分にはそういう直感とか感覚がないと思っている方でも

きっと自然とやっていることだと思います。

そんな自分の感覚はぜひ信頼してもらいたいなと思います。


レーネンさんにお会いしただけでも本当に大満足でしたが

パワーストーンブレスレットを作っていく上で、またひとつ大きな後押しをいただきました。

思い切って参加してよかった!


これから、また丁寧に石たちと向き合い

クライアント様に必要な石をお届けしていきますね!



ManaJewel

〜マナジュエル〜 この奇跡の星・地球の中で じっくりと育まれた石たちは あなたのお役に立ちたくて 今、こうして私たちの前に 姿を現してくれました。 あなたの毎日をHappyにしてくれる あなただけの特別なコをお届けします。

0コメント

  • 1000 / 1000